SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

クアラルンプールの鼎泰豊を再訪!

かーる1世です。

 

クアラルンプールの繁華街にある巨大ショッピングセンターのパビリオン。ここに入っている鼎泰豊(ディンタイフォン)をランチで再訪しましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20190704125735j:plain

 

前回訪問した3月の記事はこちら。

www.sapporo-base.net

 

2019年6月の利用です。

 

 

鼎泰豊(ディンタイフォン)とは

 

このブログを読まれているほとんどの方が、鼎泰豊をご存知だとは思いますが、

ニューヨークタイムズで「世界で最も特色のある十大レストラン」の一つに取り上げられたことで、世界に名が知られた台湾発のチャイニーズレストラン。

2010年には香港の店舗がミシェランの1つ星をとっています。

 

東京に住んでいたころは、住まいが近かったこともあり、新宿タカシマヤの店舗をよく利用していたのですが、残念ながら札幌に店舗がありません。

 

海外旅行で鼎泰豊を見つけてしまうと、お昼はここで!という気持ちについついなってしまいます。

 

そして、クアラルンプールでここに行ってしまうもう1つの理由は

値段の安さ

 

この店ではずせない看板メニューの小籠包が6個入りで、14.5リンギット

f:id:eijixk:20190707155347j:plain

 

日本円でおよそ380円です!

 

試しに同じ小籠包6個入りの値段を、新宿店で調べてみたら908円‼

半額以下で食べられるんですね。調べてみて改めて安さに驚きました。

 

 

メニューのご紹介

こんな取り上げ方をしながら、お腹の都合があって、食べた品数は少ないのですが、ご紹介したいと思います。

 

調味料

テーブルの上には、米酢や醤油があらかじめセットされています。

f:id:eijixk:20190707160914j:plain

 

プーアール茶

お昼ご飯なら事情がゆるす限り必ずビールを注文するのですが、この日はお茶です。

16.5リンギット。およそ450円くらい。

f:id:eijixk:20190707160638j:plain

 

 

海老と豚肉のワンタン揚げ

海老と豚肉を薄皮で包んでカリっと揚げられたワンタン。6個で14.8リンギット。およそ400円。

メニューは日本語でも書かれているので頼みやすいです。

f:id:eijixk:20190707161858j:plain

 

実物はこちら。

f:id:eijixk:20190707161939j:plain

 

 

小籠包

小籠包ははずせない一品。くずさないよう箸でつまんでレンゲの上に運び、そこから口の中へ。

やけどを気にしながらおそおそる噛むと、溢れる肉汁が口の中に広がります。

 

たまりません。

 

10個で23.2リンギット。およそ600円ほど。お値段もたまりません。

f:id:eijixk:20190707162914j:plain

 

 

担々麵

豚の細切り肉入りの担々麺です。メニューでは豚肉を辛口のゴマ&ピーナッツソースで味付けしてあると書かれていましたが、辛いものが苦手の妻も問題なく食べられる程度でした。

麺料理の中ではこの担々麺は高くて27リンギット、およそ710円ほど。

f:id:eijixk:20190707163957j:plain

 

お腹を空かせてあと2~3品を追加したいところではあります。

 

 

最後に

お会計は6%の税金を加算して86.4マレーシアリンギットで、およそ2300円ほどです。お茶を飲まなければ一人1000円もしない!

日本で同じメニューがあったとすると、軽く4000円は超えるのではないでしょうか。

 

注文の仕方もかんたんで、注文したいメニューの番号と、テーブルにある注文伝票の番号が一致しているので、数量を書いてスタッフに渡すだけです。

 

鼎泰豊は、クアラルンプールではリーズナブルなお勧めのレストランの一つです。

f:id:eijixk:20190707164736j:plain