SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

ヒルトン沖縄瀬底リゾート 宿泊レポート

こんにちは。かーる1世です。

沖縄・瀬底島にあるホテル「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」に宿泊しましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20210715134202j:plain

 

ホテルの場所

 沖縄本島の中部、本部半島沖の瀬底島にあります。沖といっても本島とは橋でつながっています。車なら美ら海水族館や備瀬のフクギ並木まですぐの立地です。

那覇空港へ向かう機内から、瀬底島とヒルトンの建物がハッキリと見えていました。ワクワクしますね。

f:id:eijixk:20210715140407j:plain

ホテルの概要

2020年7月1日に開業したまだ新しいホテルです。瀬底ビーチの目の前にあり、マリンアクティビティを楽しむことができるほか、屋内プールと季節限定の屋外プールがあるリゾートホテルです。

f:id:eijixk:20210730105537j:plain

建物は9階建て。レストランはホテル1階に朝食会場にもなるオールデイダイニングや、2階にイタリアンレストラン、敷地内のビーチ側に別の建物があり、ここにステーキ&シーフードのレストランがあります。(営業状況については公式サイトで確認が必要です)

f:id:eijixk:20210730110044j:plain

屋外プールは案外小さめでした。プールサイドまったりするといった感じでしょうか。浅いエリアがあるので子供を遊ばせられますが、すぐそばにあるビーチの方が喜ぶでしょうね。

f:id:eijixk:20210801110737j:plain

屋内プールはすぐ後ろにあるので、行き来がしやすいです。

ロビーエリア

車でホテル敷地内に入るとすぐ右手に駐車場。ここを素通りして車をエントランスにつけるとスタッフが荷物降ろしを手伝ってくれます。その後駐車場に移動するとスタッフが電動カートで駆け付け、ドライバーをピックアップしてくれます。

f:id:eijixk:20210730124335j:plain

建物に入るとガラス越しに伊江島が見えます。

f:id:eijixk:20210730125312j:plain

このフロアは建物の2階になっており、右手にフロント。

f:id:eijixk:20210730124437j:plain

左手にはロビーバーやお土産を販売する小さなスペースがありました。

f:id:eijixk:20210730125435j:plain

客室のようす

予約した部屋はゲストルームオーシャンビューというカテゴリーで、一番手ごろな価格の部屋です。ベッドはキングサイズでした。

f:id:eijixk:20210730132658j:plain

窓側から見るとこのような感じ。部屋の広さは36㎡あります。

f:id:eijixk:20210730140932j:plain

コーヒーテーブルとチェアのセットは、室内とテラスにそれぞれあります。

f:id:eijixk:20210730141249j:plain

ベッドの向こうにある窓はバスルーム。スクリーンで隠すことができます。

f:id:eijixk:20210730141519j:plain

ベッドと反対側の壁にシャープ製のテレビ。

f:id:eijixk:20210730141651j:plain

 テレビの下には長いカウンターがあり、その端にミニバーコーナー。無料の水とコーヒーやポットなどがあります。冷蔵庫の中はカラです。

f:id:eijixk:20210730142213j:plain

f:id:eijixk:20210730142313j:plain

ロッカーの引き出しにはリゾート感ある部屋着。

f:id:eijixk:20210730142947j:plain

f:id:eijixk:20210730143106j:plain

まあまあ広い洗面台。

f:id:eijixk:20210730143931j:plain

f:id:eijixk:20210730143942j:plain

開業して1年ほどなので、バスルームなどはまだまだきれいな状態です。

f:id:eijixk:20210730145046j:plain

f:id:eijixk:20210730145055j:plain

ヒルトンおなじみのシャンプー類。普通は2本ずつ用意されているはずですが、1本ずつしかない、と思ったらビッグサイズのものが置かれていました。

f:id:eijixk:20210730145218j:plain

部屋からの眺望

ほとんどの部屋がオーシャンビューのこのホテル。正面には伊江島が見えます。

f:id:eijixk:20210730145508j:plain

翌日の朝、山が噴火しているかのような形の雲が。

f:id:eijixk:20210730145604j:plain

下をのぞくとプールと貯水池?

f:id:eijixk:20210730145707j:plain

 夜はライトアップされます。

f:id:eijixk:20210730150014j:plain

客室の明かりを見ると、6階以上の部屋にしかついていないように見えました。

f:id:eijixk:20210730150320j:plain

朝食レストラン

アマハジというオールデイダイニングのレストランで朝食をいただけます。はみ出した建物の1階部分にあり、ガーデンビューのレストランです。

f:id:eijixk:20210801111533j:plain

朝食は7時からで、3600円のビュッフェ形式でした。ヒルトン・ゴールドメンバーなので、この朝食は無料でした。

f:id:eijixk:20210801112014j:plain

レストラン内は、公式ページの写真で見るシックな印象と違って、ポップな飾り付けがされていました。

f:id:eijixk:20210801112138j:plain

料理の種類が多いとは言えませんでしたが、沖縄の料理は一通りあります。

f:id:eijixk:20210801112403j:plain

f:id:eijixk:20210801112414j:plain

取ってきた料理を改めて見ると、ゴーヤー、もずく、ジューシー、ゆし豆腐など、しっかりと沖縄ご当地グルメを食べています。

f:id:eijixk:20210801120441j:plain

あとがき

ヒルトンの北谷と瀬底島に1泊ずつ泊まったので、簡単に比べた印象です。ホテルのロケーションが、海と街の違いがあるので、どちらが良いとは言えないのですが、マリンスポーツを目的としなければ、私たちの感じたリゾート度合いは、北谷に軍配があがるかな。北谷のほうがホテル内の施設が充実していると思いました。

ヒルトン北谷の宿泊レポートはこちら

www.sapporo-base.net

 ただ、瀬底島はコロナ禍のもとオープンしてまだ1年ですし、広い敷地の中にはタイムシェアリゾートのヒルトンクラブがオープン予定で、来年から宿泊が開始されるそうなので、リゾートとしてまだこれから開発が進むのかもしれません。

ヒルトングランドバケーションの公式サイトより

f:id:eijixk:20210801122815j:plain

最後までご覧いただきありがとうございました。