SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

JWマリオットホテル奈良 宿泊レポート

こんにちは。かーる1世です。

BONVOY(ボンボイ)のポイントを使ってJWマリオットホテル奈良に無料で宿泊しました。2020年7月に開業したまだ新しいこのホテルをご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20210415162705j:plain

 

ホテルの場所・アクセス

ホテル周辺に観光スポットはありませんが、正面には奈良市役所があります。裏手には奈良コンベンションセンターとおしゃれな蔦屋書店があり、一体開発されているようです。

この蔦屋をはじめ、最近の蔦屋はデザインやレイアウトなど居心地の良い店づくりをされていますが、高コストのお店を作って収益の方は大丈夫なのかという余計な心配をしてしまいます。

最寄り駅は近鉄新大宮駅ですが、駅前にはこれといった昔ながらの喫茶店は居心地がよかったですが)ものがなく、居酒屋などが並ぶ通りがある程度。そして、歩くには少し距離があります。

アクセスは主要駅からバス・タクシー か車で行くのがよさそうですね。私たちはレンタカーだったので、ホテル地下の駐車場に入れました。1泊2,000円、チェックアウトまで出し入れ自由です。

 

ロビーエリアなど

ロビーフロアの左手にロビーラウンジ「Flying Stag」があります。ホテルのエントランスそばであり、反対側にはレセプションもあるので人の出入りがあるのですが、その割には落ち着いた雰囲気の場所です。スタイリッシュな家具と暖炉の火のおかげかもしれません。

バーカウンターの壁には、このホテルのアイコンと言える鹿のアート作品が目を引きます。

f:id:eijixk:20210419110132j:plain

バーカウンターの左手に朝食会場となるレストランがあります。今回は残念ながら利用はしませんでしたが、4,700円の朝食はどんなものなのか気になります。

ラウンジの反対側がフロント。こちらの壁は奈良の山並みを描いたアート作品になっています。ここに座ってチェックイン手続きをしました。

f:id:eijixk:20210419111046j:plain

カウンター横にはコンシェルジュデスク、後ろの椅子にはチェックインを待つ同行者が掛けられる椅子があります。

ロビーフロアは豪華さを求めるのではなく、木材を利用して上品な雰囲気を大事にした造りだと感じます。

f:id:eijixk:20210419111107j:plain

客室へ行くエレベーターはフロントの裏側にあります。ここへの動線やエレベーター内にも鹿のアートがありました。

f:id:eijixk:20210419111334j:plain

f:id:eijixk:20210419111347j:plain

 

ホテルは長方形の建物で6階建てです。2階はエグゼクティブラウンジや宴会場などがあり、3階から6階までの4フロアが客室になっていました。スパ・プール・フィットネスジムは4階に集約されています。

f:id:eijixk:20210419120556j:plain

 

客室のようすーベッドルーム

宿泊したのはデラックスルームという、いちばんリーズナブルな部屋です。

キングサイズのベッドの壁には鹿の角をモチーフにしたオブジェ。

f:id:eijixk:20210419121208j:plain

ベッドの両サイドに照明のコントローラー。ここにも鹿の置物がありました。

f:id:eijixk:20210419132918j:plain

大きな通りに面した部屋からの眺めは奈良市役所。

f:id:eijixk:20210419121444j:plain

窓側から部屋を見ると、ベッドの向こうにバスルームが見えます。洗面・バスタブ・トイレは3点独立型で、ベッド側と玄関側の両方向から行き来ができるのが便利でした。

f:id:eijixk:20210419121744j:plain

窓際には長いソファーと丸テーブル。ソファーとテーブルの関係が飲食するのにちょうど良い高さです。

f:id:eijixk:20210419122023j:plain

大きい丸テーブルの上には除菌スプレーとマスク、お菓子が置かれていました。

f:id:eijixk:20210419122254j:plain

テレビは大画面のサムスン製。海外製はリモコンの使い方がわかりにくいです。

f:id:eijixk:20210419122545j:plain

 

部屋のようす-バーコーナー

カウンターの上にはネスプレッソ。もちろん無料です。

f:id:eijixk:20210419133105j:plain

この下の引き出しにグラス類とお茶など。アルコールやお菓子、冷蔵庫内のドリンクはもちろん有料、ビールは1,000円からでした。

f:id:eijixk:20210419133525j:plain

ミネラルウォーターは無料のものが2本用意されていました。無料のものは飲んだ分だけターンダウン時に補充されていました。

f:id:eijixk:20210419133903j:plain

 

部屋のようす-水まわりなど

洗面台が広くて使いやすいです。下の棚には各種のタオルが準備されていました。

f:id:eijixk:20210419134717j:plain

アメニティは2段の引き出しにピッタリと収納。

f:id:eijixk:20210419134538j:plain

ドライヤーはSALONIAというもの。デザインは良いですが高価なものではないようです。アメニティはAromatherapy Associatesという英国ブランド。

f:id:eijixk:20210419135939j:plain

大きなバスタブと洗い場スペースが別にあるのはありがたいです。すべての客室にレインシャワーが付いています。

f:id:eijixk:20210419140154j:plain

洗面スペースの後ろにクローゼットがありました。上下セパレートのパジャマのほか、バスローブが掛かっており、スリッパ、予備のタオル類などが用意されていました。

f:id:eijixk:20210419141027j:plain

f:id:eijixk:20210419141210j:plain

 

おわりに

ボンボイの中でJWマリオットはラグジュアリーのカテゴリーに位置付けられています。奈良のJWはゴージャスな造りではありませんが、上質さを感じさせる居心地の良いホテルでした。

f:id:eijixk:20210419141719j:plain

思い返すとただ単に泊まるだけの利用で、ホテルライフを楽しむようなサービスを利用しなかったのがもったいなかったです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。