SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

トルコ観光 パムッカレ編

かーる1世です。

雪が積もっているかのように見えるパムッカレの石灰棚。温泉保養地でもあるこの地を観光しましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20190523174901j:plain

 

2019年ゴールデンウィークの訪問です。

 

目次

 

 

綿の宮殿 パムッカレ

パムッカレは、トルコ語で「綿の宮殿」という意味だそうです。石灰棚の白さを綿と言っているのではなく、昔からこのあたりが大規模な綿花の生産地であったことから付けられた名前だそうです。

 

今やパムッカレは、世界遺産に登録されている珍しい石灰棚の代名詞と言え、多くの観光客でにぎわっていました。

f:id:eijixk:20190523180226j:plain

靴は入口に置いて石灰棚に入ります。



 

 

 パムッカレ遺跡と石灰棚

石灰棚の台地の上には、紀元前190年に始まった都市の遺跡「ヒエラポリス」があります。この両者に入場するチケットは共通になっており、入場料は50TL(およそ1000円)でした。

f:id:eijixk:20190523194916j:plain

 

入場するには、台地の上の2か所(北門と南門)か、石灰棚の下(パムッカレ村側入口)でチケットを購入します。

 

台地にある2か所の入り口から石灰棚までは、有料送迎ミニバスがあるほど距離が離れています。ただし、途中にヒエラポリスの遺跡群が点在しているので、遺跡を見ながら歩くのであればバスは不要です。

 

f:id:eijixk:20190523200012j:plain

北門から入場すると遊歩道がありました。

 

私たちは他の場所で遺跡を堪能する予定なので、遺跡側ではない遊歩道をブラブラ歩いて行きましたが、人気のあるメインの石灰棚まで45分ほどかかりました。

スタスタとショートカットしながら歩けば、20分程度かも知れません。帰りは疲れて歩く気力がなくなり、ミニバスを利用して門まで帰りましたが。

f:id:eijixk:20190523201322j:plain

 

 

遺跡群を見て回る場合は、広い範囲に点在しているので、時間のかけ方によってはこの場所に半日以上の時間を割くことになると思います。遺跡の浴場を利用した博物館もありますよ(別途入館料が必要)。

f:id:eijixk:20190523200307j:plain

ヒエラポリスの遺跡群

 

台地の下にある村側の入り口から入場する場合は、石灰棚を歩いて上っていくことになります。裸足で歩かなければなりませんが、靴は置いていけず手持ちとなります。

f:id:eijixk:20190523202153j:plain

台地の下の公園から撮った石灰棚。村側入口はこの右手にあります。

 

 

石灰棚を歩く

石灰棚は保護の観点から自由に歩くことはできません。立ち入り禁止の場所が断然多いくらいです。しかし、明確な柵がないので、立ち入り禁止場所が分かりにくいのですが、入った場合は警備員に大声で注意を受けることになります。

私たちはせっかくの石灰棚なので歩いて回りたい、ということで1日目は台地の上から、2日目は観光客が少ない台地の下から入場してみました。

f:id:eijixk:20190523203011j:plain

とても滑りやすいです。

 

石灰棚は、上から流れ出る石灰分の多いお湯(温泉)が結晶して、白い台地を作ったものです。しかしこのお湯、熱くはありません。なので、台地下からはけっこうな距離を登るため、寒い時期は足が凍えて難しいかもしれません。

f:id:eijixk:20190523203502j:plain

ブルーのお湯(水)がきれいです。

 

 パムッカレ温泉

メインの石灰棚のそばに、お土産やちょっとした食事ができる建物があります。その建物のそばにパムッカレ温泉と呼ばれる(そう呼んでいるのは日本人だけかも?)プールがあります。

 

プールの底にはローマ・ギリシャ時代の本物の遺跡が転がっています。私は入っていませんがお湯はぬる目で、温暖な季節なら気持ちよさそうです。

f:id:eijixk:20190523205730j:plain

 

 

ホテル ドガ・サーマル・ヘルス&スパ

パムッカレ北門から車で2分くらいのカラハユットという街にあるホテルに泊まりました。この街はいわゆる温泉街で、大小のホテルやペンション、お土産屋が軒を連ねています。

f:id:eijixk:20190523210625j:plain

街の中央にあるモニュメント

モニュメントの色が示す通り、鉄分を多く含んだ赤みがかった色の温泉で、観光だけでなく療養に来る人たちもいるそうです。

 

宿泊したホテルは街のなかでも大型の施設で、団体の方たちもたくさん来られていました。

f:id:eijixk:20190523211206j:plain

Doga Themal Health & Spa

 

ホテルの名前の意味はドームのテルマエ?じゃないかと思います。建物は円形で温泉プールを囲んでおり、天井はドーム状のガラス張りでした。

f:id:eijixk:20190523211655j:plain


 

グランドフロアにはプールのほか、温浴施設、サウナもあり自由に利用できます。もちろん水着着用で、プ-ルは帽子の着用も義務付けられていました(100円ほどで買えます)。

f:id:eijixk:20190523214526j:plain

屋外と屋内のプール

f:id:eijixk:20190523214602j:plain

屋内の入浴場

 

SPAもこのフロアにありマッサージを受けてみました。お手頃価格ですが、東南アジアで受けるほうが質が高い気がします。

f:id:eijixk:20190523213110j:plain

SPAのメニューの一部分。ハマムもあります。

 

ホテルは夕朝食付き。なんだか日本の温泉旅館みたいですが、夕朝食ともブッフェスタイルです。団体さんが多い大箱のホテルですが、料理は少なくなるとしっかりと補充してくれる上、種類も多くまったく文句のない食事ができました。

レストランスタッフのホスピタリティも高くて、ワイワイガヤガヤしてる中での食事ですが楽しめました。

f:id:eijixk:20190523214917j:plain

ワインはもちろん別料金です。トルコワインは美味しくてしかも安い (^^♪

f:id:eijixk:20190523215048j:plain

 

 

終わりに

 トルコ観光では、はずせないパムッカレの石灰棚。世界中からやって来る多くの観光客で賑うだけのことがある奇観です。

f:id:eijixk:20190524090412j:plain

 

しかし、パムッカレの石灰棚や遺跡を見るだけでなく、温泉を利用した施設を持つホテルで時間を割くのも、楽しい思い出のひとつになりそうです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

E03 地球の歩き方 イスタンブールとトルコの大地 2016~2017

E03 地球の歩き方 イスタンブールとトルコの大地 2016~2017

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る