SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

マリンドエア ビジネスクラス クアラルンプール✈️バリ島 搭乗記

こんにちは。かーる1世です。

 

クアラルンプールからデンパサール・ングラライ国際空港(バリ島)までの区間、マリンドエアのビジネスクラスに搭乗しましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20190820142744j:plain

機材はボーイング737-800、便名はOD324。

 

2019年8月の利用です。

 

 

 

マリンドエアとは

インドネシアのLCC「ライオンエア」と地元企業の出資で2012年に設立された、クアラルンプールをハブにする航空会社です。

 

運賃は安いものの、機内食が付いていて、座席は広く、受託手荷物も一定の重さまで無料であるなど、LCCとは一線を画すサービスを提供しています。

www.malindoair.com

 

2019年3月24日から、クアラルンプールー台北ー新千歳線を就航させたのですが、7月31日をもって新千歳便は運休してしまいました。

 

仙台線も運航の表明をしていましたが、立ち消えになっています。

 

 IATAのコードはOD、コールサインはMXDです。

 

機内誌を見るとASEAN地域はもちろん、インド路線も多く飛ばしているようで、搭乗した便には、インド系の方が多くおられました。

f:id:eijixk:20190820213818j:plain

 

機内のレイアウトを見るために、いつもお世話になるSeatGuruは、残念ながらマリンドエアをカバーしていないようです。

 

機内誌ではB787-800の座席数が162と書かれており、ビジネス12、エコノミー150だと思われます。

 

 

クアラルンプール国際空港チェックイン

マリンドエアのチェックインカンターはKLIAの第1ターミナルにあります。場所はANAカウンターの裏側。

 

KLIAをハブにして、あちこちに飛んでいるだけあって、ANAよりもカウンターが多く、島の一列を使用していました。

f:id:eijixk:20190820143402j:plain

 

朝6:00頃にチェックインカウンターへ到着しましたが、けっこうな数の方が並んでいました。

 

しかし、ビジネスクラスのカウンターは、たまたまかもしれませんが誰も並んでおらず、待ち時間なく手続きができました。

f:id:eijixk:20190820145241j:plain

 

 

搭乗するのはOD324便。クアラルンプール7:35発、デンパサール(バリ島)10:45着。3時間10分のフライトで、まあまあの距離を飛びます。

 

この区間を激安のビジネスクラスチケット、一人たったの7千円(片道)とは、我ながら良いチケットを見つけたものだと思います。

f:id:eijixk:20190820145029j:plain

 

チケットを取った時の記事はこちら。

www.sapporo-base.net

 

出国審査もビジネスクラス搭乗者が使えるファストレーンのおかげで、さっくりと出国です。チェックインから出国まで10分かかりませんでした。

f:id:eijixk:20190820145817j:plain

 

 そういえば、トランジットホテルのレストランをラウンジとして使える、ということを耳にしていたので、チェックインの際にラウンジのことを聞いてみたのですが、

 

「申し訳ありませんが利用できません」と丁寧に謝られました。

 

この時だけなのか、制度自体がなくなったのか定かではありません。

 

 

座席まわり

搭乗した機材は、B737-800。機内の設備は古い感じがしました。

f:id:eijixk:20190821101856j:plain

 

 

降機時にブリッジから機体を撮った写真がこちら。

f:id:eijixk:20190821102801j:plain

見ずらいですが、尾翼がバティック柄に塗装された機体で、flightradar24で調べると、Batik Air Malaysia が運航しているものでした。

 

クアラルンプールの空港では、Malindo と塗装された航空機をたくさん見ていたので、てっきりその機体に乗っていると思っていたので、軽く驚きました。

 

ビジネスクラスは、横2-2の並びで3列あり合計12席、予約したのは1A席です。

f:id:eijixk:20190821104026j:plain

レッグレストが付いた革or合皮?素材のゆったりしたシートです。座っていると前にずり落ちるように滑るのが難点ですが。

 

ウェブサイトで見ていた座席と比べると古いタイプのようで、座席にモニターが付いておらず、残念な気持ちに。

 

リクライニングなどは手動のレバーで行います。

f:id:eijixk:20190821104634j:plain

 

 

バルクヘッド席なので、シートピッチがどのくらいなのか分かりませんが、レッグレストを上げて足を延ばしても、壁には届きません。

後ろの座席を見てもそれなりの余裕がありそうでした。

f:id:eijixk:20190821105240j:plain

 

 

テーブルは、センターアームレストについている小さなドリンク用と、アームレスト内に収納されている大きなものがありました。

f:id:eijixk:20190821105856j:plain

 

 

座席まわりにあるのは機内誌くらいで、アメニティはなく、ブランケットはお願いすると持ってきてくれました。

f:id:eijixk:20190821110159j:plain

 

 

ドリンクと機内食

ウェルカムドリンクはオレンジジュースか水の二択。

f:id:eijixk:20190821110319j:plain

 

 

離陸後のドリンクはホット・コールドが数種類あります。印刷されたメニューはなく、言葉の聞き取りが大変でした。

 

ホットドリンクは陶器のカップで提供されます。

f:id:eijixk:20190821110759j:plain

 

 

ビールも数種類のブランドがあったように思います。朝っぱらからタイガービールをいただきました。

f:id:eijixk:20190821110950j:plain

 

 

機内食も口頭で数種類の説明がありましたが、はっきり聞き取りができた「海老」を選択しました。

 

「辛いですよ」と言われましたが・・・

 

本当に辛かった。

 

でも美味しかったので完食です。

f:id:eijixk:20190821111544j:plain

 

 

あとがき

 ングラライ国際空港(バリ島)に到着後、真っ先に降機するためドア付近で待機。

f:id:eijixk:20190821122821j:plain

 

 

バリ島での入国審査場はいつも長蛇の列で、ひどい時は1時間かかることも。

 

一番先に降りて急ぎ足で入国審査場に向かいました。

 

f:id:eijixk:20190821123223j:plain

一番乗りなので、この辺りはまだ誰もいません。

 

 

WELCOME TO BALI なんて場所もあったんですね。

f:id:eijixk:20190821123447j:plain

 

入国審査場に到着です。

 

 

($・・)/~~~

 

 

f:id:eijixk:20190821123745j:plain

 

 

誰もいない!

 

 

数えてみたら、バリ島で入国審査を受けたのは10回目。

人が並んでいない入国審査場を見たのは初めてです。

 あまりに早く入国したため、荷物が出てくるまでが長かったぁ。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。