SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

キャセイパシフィック航空ビジネスクラス B777-300ER 新千歳✈️香港 搭乗記

こんにちは。かーる1世です。

 

新千歳空港から香港国際空港の区間を、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスに搭乗しましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20191119125157j:plain

 

 

香港行きのチケットを取ったのは7月のことで、キャセイパシフィック航空の日本就航60年を記念したキャンペーンのお得なチケットでした。 

www.sapporo-base.net

 

時節がら出発日の2日前まで、香港宿泊をやめてマカオに変更しようかと迷っていたのですが、 デモの情報を収集することと、観光場所や時間帯、そして交通手段を絞れば大丈夫と考え、香港旅行に臨みました。

 

機材は、B777-300ER。便名は往路CX581です。

 

2019年11月の利用です。 

 

 

新千歳空港チェックイン

チェックインカウンターは、出発の3時間前にオープンしましたが、その30分くらい前から多くの乗客が並んでいました。しかし、日本人はかなり少ない印象です。

 

エコノミークラスの列では、自動チェクイン機を利用していない乗客を機械の方へ強制的に移動させていたように見えました。

f:id:eijixk:20191120142243j:plain

 

チェックイン後は保安検査場へ。

新千歳空港の手荷物検査場も、複数の手荷物を同時に検査できる「スマートレーン」が導入されたので、手際よく荷物をレーンに乗せた人からどんどん先に進めるので時短になりました。

出国審査も11月14日から顔認証の自動ゲートが導入され、こちらもあっという間に通過です。

f:id:eijixk:20191120144138j:plain

法務省のサイトより

 

保安検査後はロイヤルラウンジへ直行しました。

www.sapporo-base.net

 

 

 

キャセイパシフィック航空CX581便の概要

定刻は、新千歳16:00発、香港に20:55到着となっており、時差がマイナス1時間なので、フライトは5時間55分の予定です。

f:id:eijixk:20191120161227j:plain

 

この日のフライトは5時間程度ですが、いつもこの程度の飛行時間みたいです。

 

機材はボーイング777-300ER。

f:id:eijixk:20191120163120j:plain

 

ビジネスとプレエコ、エコノミーの3クラスで、ビジネスクラスの座席は横1-2-1、プレエコは2-4-2、エコノミークラスは3-4-3の配列です。

 

ビジネスクラスの座席はヘリンボーン型でした。

f:id:eijixk:20191120162932j:plain

 

 

座席まわり

予約した座席は11Kで、ファーストクラスがない機材なので先頭の座席です。だからといって他の席より広いわけではありません。

f:id:eijixk:20191120163511j:plain

 

 シートに座ると視界はこんな感じで、前を見ている限り個室感があります。

f:id:eijixk:20191120164418j:plain

 


足元はフルフラットにしてやっとオットマンに足が届く距離。寝返りをうっても足の居場所に困らない程度の広さもありました。

f:id:eijixk:20191120165143j:plain

 

 

サイドテーブルは大きめで使い勝手が良い。

f:id:eijixk:20191120164802j:plain

 

大きなテーブルは、このサイドテーブルの下から引き出します。

f:id:eijixk:20191120164906j:plain

 

 

収納スペースは2か所あり、座席横にある扉付きのボックスは、あらかじめヘッドフォンがセットされていました。狭いスペースですが転がりそうな小物を入れておくのに便利。

f:id:eijixk:20191120165521j:plain

 

 

足元の横にある収納スペースはノートPCを入れるのにちょうど良い大きさ。しかし、私は言われなかったのですが、妻は離発着の時に上に収納するよう往復とも指示されていました。

妻のPCが少しだけ大きいからなのか?不明です。

f:id:eijixk:20191120170036j:plain

 

 

コントローラーは座席の横にまとめて設置されていました。シートの操作ボタンはシンプルでわかりやすい。

f:id:eijixk:20191120200943j:plain

 

f:id:eijixk:20191120201029j:plain

 

アメニティは一切ありませんでした。お願いしたら出てくるのかもしれませんが、スリッパもありません。

それどころかブランケットも座席にはなく、リクエストして出してもらいました。

 

モニターのサイズは分かりませんが十分な大きさです。

f:id:eijixk:20191120201422j:plain

 

 

食事と飲み物

ウェルカムドリンクは、トレーにのった3種類の中からシャンパンをいただきました。食事のメニューカードはその時に配られたと思います。

 

スターターは、そば、サラダ、シーフードとアスパラのマヨネーズがけの3皿。

メインはハンバーグ、鶏むね肉のフライ、白身魚の3つの中から選択です。

f:id:eijixk:20191120202650j:plain

 

ドリンクは各種ソフトドリンクとコーヒー、お茶。

f:id:eijixk:20191120203803j:plain

 

ワインは、シャンパン1、白2、赤2、デザートワイン1。

f:id:eijixk:20191120203920j:plain

 

f:id:eijixk:20191120203931j:plain

 

離陸して30分たたないうちに食前酒とナッツ&おかきが配られました。

f:id:eijixk:20191120204056j:plain

写真用にボトルをテーブルに置いてくれました

 

その後、テーブルクロスをかけ、スターターの3種類がプレートに乗せられて配膳。飲み物は白ワインにチェンジです。

f:id:eijixk:20191120204653j:plain

パンは3種類あったと思います。

 

一通り食べ終えると、メインの3種類がワゴンに乗せられて登場。点心を選ぶかのようです。

白身魚を選びましたが、Halibut=何の魚かわからず。あとで調べたら「おひょう」のようです。美味しかったです。

f:id:eijixk:20191120205331j:plain

 

 

チーズは全種類を選択。アイスクリームもいただいて就寝です。

f:id:eijixk:20191121100054j:plain

 

f:id:eijixk:20191121100120j:plain

 

 

おわりに

CAさんのサービスの印象は、あっさりサバサバ。キャセイのスタイルはこんな感じなんだろうと思っていましたが、復路は日系航空会社寄りの感じでした。

マネージャーが日本人だったからかも知れませんが。

 

入国審査場へ進む通路にはクリスマスの飾り付けがされていましたが、日本のメディアでインプットされた香港の状況から何となく寂しさを感じます。

f:id:eijixk:20191121103038j:plain

 

通路を抜け電車に乗って移動。混雑するらしい入国審査が空いるのも想定内、というのが少し悲しい。

f:id:eijixk:20191121103659j:plain

るるぶ香港・マカオ’20 (るるぶ情報版(海外))

るるぶ香港・マカオ’20 (るるぶ情報版(海外))