SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

JWマリオット・クアラルンプール 宿泊レポート

かーる1世です。

マレーシア クアラルンプールのJW マリオットホテルに宿泊しましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20190627212138j:plain

 

2019年6月の利用です。

 

 もくじ

 

ホテルのロケーション

ホテルはクアラルンプール随一の繁華街であるブキッビンタンにあり、ショッピングや食事には事欠かない好立地です。

 

細い道路を挟んで隣にはウェスティン・クアラルンプール、裏手にはレベル1の廊下でつながっているリッツ・カールトン・クアラルンプールと、BONVoYの牙城とも言えるエリアとなっています。

f:id:eijixk:20190701100107j:plain

JWマリオットの左隣にはウェスティンホテルがあります

 

ウェスティン・クアラルンプールのレポートはこちら。

www.sapporo-base.net

 

 道路をはさんで向かい側には、巨大な屋内モールであるパビリオンがあり、買い物や飲食などが充実したモール内で、すべてが完結するくらいのショップやレストランが入っています。

f:id:eijixk:20190701102622j:plain

 

 

また、ホテルの並びにもショップやレストランが入ったビルがいくつもあります。なかでも、伊勢丹が入居するロッテンには地下フロアにレストラン街があり、中華料理店が充実しているほか、イートイン形式のレストランも一人利用には便利そうです。

 

 

ホテルの概要と施設

ホテルのエレベーターのボタンを見ると、グランドフロアから6階までが、ロビーや会議室、プールなど。6階のプールに面した場所に数部屋がありますが、その上7階から29階までが通常の客室のようでした。

f:id:eijixk:20190703103051j:plain

 

私たちはクラブルームの予約で、24階のフロアに泊まりましたので、おそらく24階以上はクラブルームだと思われます。

 

ロビーエリア

エントランスの左前方がレセプションになっています。ロビーは、圧倒されるような豪華さはありませんが、品の良いデザインであると感じました。

f:id:eijixk:20190703122116j:plain

 

エントランス右手はスターヒル・ギャラリーという、高級店だけが入居するショッピングセンターにつながっています。

 

プールとフィットネス

レベル6に屋外プールがあります。東南アジアにありがちなリゾート感の演出はなく、やや殺風景な印象を受けました。

特徴的なのは、このプールに面して客室が数室あることでしょうか。

f:id:eijixk:20190703123431j:plain

 

 

フィットネスはこの下のフロアにありました。それほど広いスペースではありませんが、吹き抜けがあるので解放感があります。マシンは充実しているのですが、利用者が少ない印象を受けました。

f:id:eijixk:20190703123907j:plain

 

 

スパ・レストランなど

レベル5から下のフロアは、ミーティングルームがあるほか、スターヒル・ギャラリーのショップやレストランが入り混じっているような感じでした。

f:id:eijixk:20190703130649j:plain

スターヒル・スパ

 

スターヒル・ギャラリー

富裕層をターゲットにしたショッピングセンターがホテルの下層階に隣接しており、ホテルと行き来が可能です。

f:id:eijixk:20190703131933j:plain

大きな吹き抜けが特徴のスターヒル・ギャラリー

 

ショップの例を挙げると、ロビーエリアに隣接してルイ・ヴィトンほかディオールなどのファッションブランド。オーデマ・ピゲやパティック・フリップなどの高級時計ブランド。ブシュロン、ヴァン・クリフ&アーペルといった宝飾品などの高級店があるほか、レストランやバーなども入居しています。

ここの地下にあるShook!というレストランがホテルの朝食会場になっていました。

 

クラブ・ラウンジ

レベル2にクラブラウンジがありました。朝食やアフタヌーンティーのほか、夕方からはお酒の提供もあり、使い勝手の良いラウンジでした。

ラウンジについては別記事としてアップしたいと思います。

f:id:eijixk:20190703132842j:plain

 

 

部屋のようす

予約したのはデラックス・ルームでクラブレベルへのアップグレード確約、という条件のものでした。

実は朝の7:00過ぎという早い時間にチェックイン手続きをしたのですが、すぐに部屋を利用することができてたいへん助かりました。

2泊の利用なのに3泊したような気分です。

 

ベッドは幅が広くて二人で寝るには十分な大きさ。

f:id:eijixk:20190703135200j:plain

 

 

室内は上品な色合いでまとまってると感じました。 

f:id:eijixk:20190703143307j:plain

 

 

バスタブ付きのシャワールーム。バスソルトが用意されていたので、お湯をためて利用しました。

f:id:eijixk:20190703142628j:plain

 

 

アメニティは英国のアロマセラピーアソシエイツ (Aromatherapy Associates) 。

f:id:eijixk:20190703142925j:plain

 

 

洗面スペースとは別にドレッシングスペースがあるのは便利ですね。 

f:id:eijixk:20190703140744j:plain

 

 

デスクは小さめで仕事をするには向かないかな。写真で見えていますが、マルチコンセントが多数あるのが重宝します。

f:id:eijixk:20190703141655j:plain

 

 

無料のコーヒーや紅茶など。ペットボトルの水は2本用意されていましたが、足りないことを伝えると、12本持ってきてくれました ( ;∀;) さすがにそこまでいらない。

f:id:eijixk:20190703142133j:plain

 

 

ロッカーの中にはバスローブが二人分。アイロンとアイロン台もありました。

f:id:eijixk:20190703144428j:plain

 

 

ブレックファスト

朝食レストランは地下1階のスターヒル・ギャラリーにあるShook!レストランです。吹き抜けの下部分なので、見上げるとこんな感じ。

f:id:eijixk:20190703145928j:plain

 

 

明るいスタッフが出迎えてくれました。

f:id:eijixk:20190703150112j:plain

 

 

レストランのおもな料理はマレー、インド、中華で、それぞれにブッフェ台が分かれており、ブースの中でコックの皆さんが調理をして補充をしていました。

f:id:eijixk:20190703160545j:plain

 

 

この規模の朝食レストランでは、エッグステーションは定番ですね。

f:id:eijixk:20190703161158j:plain

 

 

印象的だったのはパンのコーナーです。ペストリーを作る姿を四方から見ることができました。

f:id:eijixk:20190703161437j:plain

 

 

ドリンクやフルーツも充実しています。

f:id:eijixk:20190703161902j:plain

 

 

とても開放的で広い造りなのですが、利用者数も多いレストランです。落ち着いて食べたい場合はブッフェ台から離れた奥の座席をリクエストすると良いと思います。

f:id:eijixk:20190703162332j:plain

 

 

おわりに

クアラルンプールは、高級ホテルであってもお手頃な価格で宿泊できる魅力的な街です。このJWマリオットもそのひとつであり、ブキッビンタンという便利な立地も相まって、快適なホテルライフを楽しむことができました。

 

クアラルンプール マレーシア (タビトモ)

クアラルンプール マレーシア (タビトモ)