SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

ANAのニュージーランド航空 減額マイルキャンペーン ビジネスクラスの特典チケットを取りました

かーる1世です。

7月1日から始まったANAのキャンペーンを利用して、ビジネスクラスで行くオークランド往復のチケットを取りましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20190701143759j:plain

 

 

キャンペーンの概要

 キャンペーンの期間

予約期間が、7月1日から8月31日23:59まで

搭乗期間は、11月5日から12月12日まで

予約の受付が電話だけなので、予約初日の受付開始直後である14:00すぎに電話をしました。待ち時間なく電話がつながりましたよ。

予約が殺到するようなキャンペーンではないのですね。 

 

対象となる便 

  • 成田オークランド<NZ90便>
  • オークランド成田<NZ99便>
  • 成田オークランド<NZ94便>
  • オークランド成田<NZ95便>
  • 関西オークランド<NZ98便>
  • オークランド関西<NZ97便>
  • オークランドウェリントン

  • クライストチャーチ

  • クイーンズタウン

  • ダニーデン

 ANAのWEBサイトでは上記のようになっていますが、デイリー運航便以外も記載されています。

オークランドから接続する4都市も減額マイルで行ける対象のようです。

 

 必要なマイル数

f:id:eijixk:20190701154306j:plain

 

 新千歳空港発着でビジネスクラスを予約しました。必要なマイル数は上の表のように、52500マイルであり、諸費用は8680円でした。

 

 

ニュージーランド航空の概要

オセアニア方面への渡航経験がなく、ニュージーランド航空については知識がなかったので、ざっくりと調べてみました。

f:id:eijixk:20190701175710j:plain

成田-オークランド間を飛行するB787-9

 

設立 1940年
本拠地 ニュージーランド オークランド市
ハブ空港 オークランド国際空港
航空連合 スターアライアンス
マイレージ Airpoints
IATAコード NZ
保有機材 ジェット機 63機運航
ジェット機 14機発注済
ターボプロップ機 52機運航
ターボプロップ機 7機発注済
平均機齢 7.3年

 2019年4月30日現在

 

 成田とオークランドを往復する機材は、B787-9であり、平均機齢は2.8年となっていました。

 

 

成田ーオークランドの運航便

私が予約したのは、

往路が成田18:30→オークランド8:05+1のNZ90便

復路が、オークランド8:50発→成田16:50着のNZ99便

 

ボーイング787-9での運航で、ビジネス・プレミア、プレミアム・エコノミー、エコノミーの3クラス制ですが、ANAのホヌで話題になったカウチシートの座席も用意されています。

f:id:eijixk:20190701202843j:plain

B787-9のシートマップ

 

ビジネスクラスは1-1-1の配列ですが、ペアで取る場合は左窓側から2席という説明をANAの方からされました。

一人で搭乗するので右窓側のK席を取ったのですが、変則的なヘリンボーンであり、ニュージーランド航空のWEBサイトで見られる座席の360°ツアーでは、逆に左窓側のAが良さそうに見えるのですが、どうなんでしょう?

どんな配列なのかがよく分からないままです。

 

シートのスペックは次の通りです。

f:id:eijixk:20190701203651j:plain

 

同じB787-9でも新装レイアウトの機材があるようで、ビジネス27席(+9)、プレエコ33席(+13)、エコノミー215席(-48)と上級席が増えたレイアウトになっていました。

新装レイアウトでも、シートスペックに変更はないようです。

 

座席の詳細を見ると、ビジネスクラスとエコノミーの差があるのは当然ですが、プレエコがエコノミーに比べるとモニターが大きく、シートの素材がレザーであるなど、ANAで見るその差よりも大きい気がします。

 

エコノミー+アルファではなく、CとYの中間の新しいクラスとして位置づけされているような気がしました。

 

 

さいごに

7月1日に始まったこのマイル減額キャンペーンに気づいたのは前日の6月30日でした。予約を取ろうと思ったのは、受付開始の少し前であり、まったくのノープランで旅行の日程を決めてしまうのは初めてです。

 

ビジネスクラスのサービスを満喫するのが主な目的になりそうですが、オークランドでまる2日の滞在となりますので、初夏のニュージーランドを楽しめるよう、これから情報収集をして行きたいと思います。

 

C10 地球の歩き方 ニュージーランド 2019~2020

C10 地球の歩き方 ニュージーランド 2019~2020

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/10/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る