SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

ウェスティン・クアラルンプール 宿泊レポート 

かーる1世です。

 

マレーシア クアラルンプール(以下KL)にある、ウェスティン・クアラルンプールに宿泊しましたので、ご紹介したいと思います(写真多めです)

2019年3月の利用です。

f:id:eijixk:20190329103848j:plain

 

 

ホテルのロケーション

KLの中心地のひとつ、ブキッビンタン通りに面した便利な場所に立地しています。

f:id:eijixk:20190329104618j:plain

ウェスティンが入る高層ビル

 

ここで簡単にKLのブキッビンタンエリアのご紹介を

  •  ブキッビンタン通りとスルタン・イスマイル通りの交差点を中心に、半径1kmくらいのエリア
  • エリア内にはショッピングセンター(SC)、ホテル、飲食街などがあるマレーシア最大の繁華街
  • 主なSCは、パビリオン(巨大なモールです)、ロッテン(伊勢丹が入居)、スンガイワン・プラザ、ファーレンヘイト88
  • 夕方のアロー通り両側には200mにわたり屋台が並ぶ

 

 

ホテルの概要と施設

35階まであるビルの地下~レベル5までがホテルの施設、15~35階までが客室で、そのうち31~35階がクラブフロアになっていました。

f:id:eijixk:20190329104820j:plain

客室階へ行くにはカードキーを差し込んでボタンを押します

 ロビーフロア

高い天井が高級感を醸し出しています。

f:id:eijixk:20190329121811j:plain

レセプション

 

ロビーフロアからスキップフロアを下に行くとBAR、上に行くと朝食レストランがあります。

f:id:eijixk:20190329134859j:plain

 

ホテルのエントランスの向こう側には、プラダ、ブルガリ、ショパール、ヴェルサーチのショップが見えます。すべて、パビリオンモールの中に入っており、高級ブランドだけでなく、レストラン、フードコート、スーパー、その他あらゆるショップが入る巨大モールで、ここだけですべてが完結しそうです。

f:id:eijixk:20190329121915j:plain

 

パビリオン・モールの一部

f:id:eijixk:20190329123138j:plain

メインエントランスとフードコート

 

 フィットネス、プール、BAR

フィットネス・スタジオはカードキーを使って入室するようになっていました。夜間はスタッフはいなくなるようですが、24時間利用できるようです。

f:id:eijixk:20190329133626j:plain

 

プールは大きくはありませんが、泳ぐのには十分です。チェアは少なく、くつろぐよりもフィットネス寄りの位置づけだと感じました。

ただ、子供向けの浅いプールがありますので、小さい子供を遊ばせることができます。

f:id:eijixk:20190329161050j:plain

 

 

プールに面した屋内にBARがあります。もちろん、プールサイドで注文ができます。

f:id:eijixk:20190329134316j:plain

 

 

部屋のようす

いちばん下のカテゴリーの部屋を予約し、一般客室では最上階の30階にアサインされました。KLタワーが見える眺めの良い部屋。

f:id:eijixk:20190329140203j:plain

KLタワーがライトアップされる夜景も良かった

f:id:eijixk:20190329140740j:plain

ヘブンリーベッドと呼ばれるベッド

 BARコーナーとベッドサイド、シャワールームに十分な量のミネラルウォーターが用意されていました。

f:id:eijixk:20190329141251j:plain

 

BARコーナー下の引き出しに無料のコーヒー・紅茶、その下に冷蔵庫。

f:id:eijixk:20190329141614j:plain

 

ベッドの正面にテレビとデスク。コンセントはデスク上のほか、ベッドサイドにあり、まずまずの数が用意されていました。

f:id:eijixk:20190329142313j:plain

 

f:id:eijixk:20190329142632j:plain

窓際にはカウチソファー

バスルーム。洗面ボールが新しいものに交換されているようですが、蛇口との関係がいま一つマッチしていません。

余裕ある大きさのバスタブが付いていますが、使いませんでした。独立しているシャワーブースがバスタブの隣にあります。

f:id:eijixk:20190329142917j:plain


アメニティは特筆すべきものはありませんが、必要かつ十分。

f:id:eijixk:20190329143609j:plain



クローゼット。内部にバスローブのほか、金庫、アイロンと台が入っていました。

f:id:eijixk:20190329143730j:plain

 

 

ブレックファスト

吹き抜けがあるレストランは開放的であり、テーブルは大きく3つのエリアに分かれています。

f:id:eijixk:20190329145215j:plain

吹き抜けから見たレストランの手前にあるダイニングエリア

 

f:id:eijixk:20190329144942j:plain

レストラン奥の落ち着いたダイニングエリア

 

レストラン中央には正方形の大きなカウンターがあり、ヌードル、インド料理、和食などがあります。

f:id:eijixk:20190329162401j:plain

f:id:eijixk:20190329162247j:plain

麺と具材を選んで渡すと茹でてくれます

 レストラン奥の仕切られたエリアにサラダ、フルーツ、ヨーグルトなどのエリアがありました。

f:id:eijixk:20190329162859j:plain

 

f:id:eijixk:20190329163125j:plain

フレッシュジュースもこのコーナーにあります

 

エッグステーションでお好みの卵料理を作ってもらえます。 

f:id:eijixk:20190329163441j:plain

 

 ローカルフードコーナーもありました。

f:id:eijixk:20190329175229j:plain

 

 朝食は2回とりました。食べたものはこんな感じです。

f:id:eijixk:20190329180032j:plain

 

特に美味しかったのはカレーでした。ナンと和食コーナーのご飯をトッピングして食べましたが、ライスは微妙な具合です。

 

ヌードル系の味付けは、スープ以外を自分で行うのですが、種類が多くどんな味か分からないので、適当に入れたら適当な味になってしまった。

f:id:eijixk:20190329180054j:plain

 

料理のコーナーがあちこちに分散してるので、混雑は避けられるかもしれませんが、取りに行くのに不便でした。

 

 終わりに

クアラルンプールのホテルは、料金が安く高級ホテルにお手頃な価格で泊まれる魅力があります。

街中の観光スポットは限られている都市であると思いますが、買い物やレストランはバラエティに富んでおり、それに加えてホテルライフを楽しめるところを選べば、リフレッシュのためにまた訪れても良いと感じる街でした。

f:id:eijixk:20190401091333j:plain

お祭り?ブキッビンタン通り。

 

D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2019~2020

D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2019~2020

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る