SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

シンガポール航空 ビジネスクラス 成田ーチャンギ 搭乗記

かーる1世です。

 

シンガポール航空のビジネスクラスに搭乗しましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20190212091344j:plain

区間は成田空港からシンガポール・チャンギ空港で、SQ11便。

機材は、ボーイング777-300ER(Extended Range)でファースト、ビジネス、プレエコ、エコノミーの4クラス制。2019年2月搭乗です。

 

シンガポール航空のビジネスクラス搭乗は初めてであり、テンションがあがります。

 

SQ11便

定刻は、成田空港20:55発→チャンギ空港3:35着予定ですが、30分ほど遅れて出発。しかし、チャンギ空港には定刻より30分ほど早く到着しました。

f:id:eijixk:20190212091941j:plain

 

座席まわり

夫婦で指定した座席は窓側の縦並びで、12Kと14Kでした。ファーストクラスが前方に4席、その後ろのブロックのエリアです。

 

ビジネスクラスの座席は1-2-1です。縦並びに取るとお互いの様子がまったく分からないのですが、二人とも窓側に座りたいということで、縦並びの座席を取ることになりました。

f:id:eijixk:20190212093425j:plain

 

 

f:id:eijixk:20190212095842j:plain

 窓側といっても、ひじかけや物入れなどがあって、窓に張り付いて外の景色を見ることはできませんでしたので、カップルで取るなら真ん中の2席並びのほうが良かったかもしれません。

 

f:id:eijixk:20190212100122j:plain

 

 

座席周りの機能ですが、物入れのスペースは十分にあり、電源の確保も全く問題ありません。

f:id:eijixk:20190212100829j:plain

 

f:id:eijixk:20190212101114j:plain



アメニティはポーチで配られるのではなく、あらかじめスリッパやアイマスク、ソックスが座席に用意されており、歯ブラシなどはトイレに配置されていました。

 

ポーチでもらえるのは嬉しい反面、荷物としてかさばったり、頻繁に利用する人には溜まっていったりで、邪魔になることも多く、この方が合理的で良いのかもしれません。
 

ちなみに先月搭乗したシンガポール航空のプレミアムエコノミークラスでは、簡易的なものが入ったアメニティーポーチが配られました。

f:id:eijixk:20190212101836j:plain

ふにゃふにゃのポーチなのですが、これが小物を入れるのに案外役に立っています。なんせバックの中でかさばらないのがありがたいです。

 

 

 モニターは十分に大画面で、ノイズリダクションのヘッドフォンもまあまあでした。

f:id:eijixk:20190212102508j:plain

 

前後の座席の間隔は想像していたより狭く、足をまっすぐ上げると前のボードに当たってしまいます。

伸ばした足は右側のスキマに入れることになるのですが、ちょっと窮屈な感じです。それでも十分な広さではありますが。

 

 

シートのコントローラーです。

f:id:eijixk:20190212102943j:plain

いろいろ試してみたのですが、このコントローラーではフルフラットになりません。

そういえば、毛布もないぞ、と思ったら背もたれとシートパネルのスキマに毛布と枕を発見。

 

食後にごそごそいじっていたらCAさんが「ベッドにしますか?」とやってきてフルフラットのベッドにしてくれました。

背もたれを前に倒すんですね。気がつきませんでした。いずれにしてもベッドメイキングはCAさんにお任せすべきですが。

 

f:id:eijixk:20190212103610j:plain

 

 

ミール

離陸後は気流の影響で揺れが大きく、ミールサービスも通常よりは遅れたようです。私は事前にWEBサイトからメインの「牛フィレ肉」を予約していたのですが、メニューブックで確認するとメインには「ハタのフライ」と「鶏肉のカシューナッツ炒め」の3種類が用意されているようです。

f:id:eijixk:20190212104651j:plain

 

まずカナッペとして「チキンとビーフのサテー」。ピリ辛ピーナッツソースは辛すぎず、サテーにピッタリで美味しく頂きました。

 

前菜は「エビのマリネ他」。

f:id:eijixk:20190212105113j:plain

エビがプリップリでこちらも美味しくペロッといただきました。

 

さて、メインは「牛フィレ肉のブラウンオニオンソース」。

f:id:eijixk:20190212105326j:plain

お肉が少ーーしパサつき気味か。とは言ってもきれいに平らげましたが。

 

事前のWEB予約サービスは、「あれを食べたかったのにー」という、座席位置による品切れの心配、というか失敗感がないので、ありがたいものだと思います。

 

デザートはチョコアイスです。このあとチーズとフルーツのサービスもあるのですが、パスして就寝させていただきました。

f:id:eijixk:20190212105918j:plain

 

 

妻が事前に予約していたミールは「花恋暦(はなこいれき)」。

f:id:eijixk:20190212111258j:plain

 

松花堂弁当のようなかたちで、2つに分かれており、1つ目がこちら。

f:id:eijixk:20190212111450j:plain

 

そして、2つ目が・・・。

 

 

なんと、1つ目を含めて、全く手を付けず、配られた直後から爆睡してしまったそうです。

なので、2つ目の写真もなし。

言ってくれれば、いや、前の座席の様子が分かれば気がついたはずで、私が食べたのですが・・・。

残念ながら味が分からず仕舞いです。

 

座席、やっぱり横並びにしておくべきでした。

 

最後に

夜行便の搭乗ということで、飛んでいる間はできるだけ長く寝ていたいものです。その意味では、搭乗前のラウンジでしっかり食べて、乗ったら到着まで寝ている、というのが理想かもしれません。

 

その意味では、ビジネスクラスのフルフラットはとてもありがたく、今までの経験の中で一番深い眠りにつけた飛行でした。

 

でも、飛行機好きとしては、せっかくのビジネスクラスの搭乗を楽しみたい、という気持ちもあります。

 

6時間程度の飛行ではなく、もっと長い区間を飛ぶシンガポール航空に乗りたい、という気にさせられる搭乗でした。