SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

ベトナム航空ビジネスクラス ホーチミン=クアラルンプール 搭乗記

かーる1世です。

 

ホーチミン/タンソンニャット空港からマレーシア/クアラルンプール空港まで、ベトナム航空のビジネスクラスに搭乗しましたので、簡単にご紹介したいと思います。

2019年3月の利用です。

 

VN675便

機材はエアバスA321。機内はちょっと古さを感じる機体でした。

f:id:eijixk:20190328125902j:plain

 

定刻はタンソンニャット空港15:30→クアラルンプール空港18:30(時差+1時間)で、およそ2時間の飛行予定です。

 

実際には15:40頃にプッシュバックされ、クアラルンプール空港には早めに到着。予定時刻の18:30には入国手続きをしていました。

乗っていたのは90分程度ですが、しっかり食事もサーブされました。

f:id:eijixk:20190328133034j:plain

搭乗するエアバスA321。現行型のneoに対してceoと呼ばれるそうです。

 

座席まわり

アブレストは、ビジネスが2-2で16席ありました。エコノミーは3-3で162席あるようです(SeatGuruより)。

同じファーミリーであるA320と比べると7mほどの胴長で、その分、より多くの乗客を乗せられますね。

f:id:eijixk:20190328133654j:plain

A321ceoのキャビン前方

 

 ビジネスクラスのシートピッチは45インチ(およそ114㎝)、幅が21インチ(およそ53㎝)で、短かい飛行なのでまったく問題のない広さ。

エコノミーも32インチ(およそ81㎝)あり、一般的な座席の間隔です。

f:id:eijixk:20190328133835j:plain

気のせいか少しヘタリを感じました。



シートピッチに問題ないものの、背もたれを倒すと結構な角度で後ろに倒れるので、窓側から通路に出るには一苦労でした。

f:id:eijixk:20190328134210j:plain

シートポジションの変更は手動です

 

食事など

ウェルカムドリンクがちゃんとあります。シャンパンをいただきました。

f:id:eijixk:20190328134824j:plain

 

 

食事はヌードルと〇〇〇。ヌードルでよかったので、聞き取れなかったミールの名前は確認していません。

 

ヌードルはフォーの麺を焼きそばにしたものでした。まずくはないが美味しくもない。

f:id:eijixk:20190328135327j:plain

 

 

サラダとフルーツは美味しくいただきました。

f:id:eijixk:20190328135432j:plain

 

 

あとがき

ホーチミンの空港に見慣れない機体があったので少し調べてみました。

f:id:eijixk:20190328135702j:plain

今年の1月に就航したLCC、バンブー航空の機体です。ベトジェット、ジェットスター・パシフィックに続くベトナム第3のLCCになります。

 

今年中にハノイ・ホーチミンとリゾート地を結ぶ路線を中心に、37路線を開設し、日本や欧州などを結ぶ路線も計画しているそうです。

 

ベトナムは、2018年のGDP成長率が7%を超え、東南アジアでも高水準の経済成長を果たしており、私が搭乗した便にもビジネスマンが多く搭乗していました。

 

エアアジアも今年中にベトナム乗り入れを表明しているようで、空港がますます手狭になりそうですね。

 

D21 地球の歩き方 ベトナム 2018~2019

D21 地球の歩き方 ベトナム 2018~2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る