SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

イスタンブール 旧市街2日目 アヤソフィアとグランドバザール

かーる1世です。

イスタンブールの旧市街、2日目の観光はアヤソフィア博物館グランドバザールです。

f:id:eijixk:20190606143549j:plain

アヤソフィア博物館

 目 次

 

2019年ゴールデンウィークの訪問です。

 

アヤソフィア博物館

現在の建物は3代目として6世紀に建立されたそうです。

 

キリスト教会からモスクへ 

当初はギリシャ正教の教会として建てられたものですが、イスタンブール(かつてはコンスタンティノーブル)が、15世紀にオスマントルコによって陥落したのち、モスクとして改造された歴史があります。

f:id:eijixk:20190606162356j:plain

左の円盤にはムハンマドの文字、その斜め右上には聖母子像が描かれています。

f:id:eijixk:20190606183035j:plain

聖母子像をアップで撮ってみました。

 

 

キリスト教会からモスクへ改造されたため、内部の絵は漆喰で塗りつぶされるなど、キリスト教の痕跡が消されてしまいました。

f:id:eijixk:20190606150117j:plain

モスクへ改造後、メッカの方角を示すミフラーブが設置されています。

 

しかし、トルコ共和国の誕生により、今度はモスクから博物館へと変身することに。漆喰がはがされ、かつての絵画が現われています。

f:id:eijixk:20190606150323j:plain

ヨハネとマリアにはさまれたイエス・キリスト。

 

ドームの下は広大な空間

建物内に入ると広大な空間が広がっています。

f:id:eijixk:20190606160824j:plain

 

 

修復中の足場があるのが残念ですが、見上げると中央には大きなドームが。

巨大なドームの重量を軽くするために、ロードス島で特別に焼かせた軽いレンガを使っているそうですが、これが1500年前のこと。大化の改新より100年も前というから驚きです。

f:id:eijixk:20190606161119j:plain

ドームの四隅には天使が描かれています。

聖母マリアの手形

「マリアの手形」と言われる柱があり、くぼみに親指を入れたまま、あとの4本指の指先でぐるっと円を描けたら願いがかなうそうです。

 

みんなやってますが、円を描くのは無理だと思う。

f:id:eijixk:20190606183719j:plain

 

 

グランドバザール

屋根付きの市場としては、中東最大とも言われる大規模な市場で、間口の狭い店が無数にあるといっても過言ではありません。

f:id:eijixk:20190607100838j:plain

グランドバザール入口の一つ。21の入口があるそうです。

 

いったん中に入り、あちこちお店をのぞいていたら、同じ出入り口に戻ることが難しそうですが、1から21まで入口の門に番号がふられているらしい。

気が付かなかったけど。

 

私たちが通った入口は、メインストリートとも言える広めの通路につながっていて、多くの人でにぎわっていました。

f:id:eijixk:20190607102409j:plain

 

広めの通りの左右には細い通りがいくつもあり、網の目のように張り巡らされています。

f:id:eijixk:20190607103117j:plain

 

 

ここは観光客向けの店しかないと言っても過言ではありません。基本的にぼったくりです。でも、見て歩くのは楽しいし、値段交渉をして買い物をするのは悪くない。

値切って半額になっても、まだぼったくられているらしいですが、自分が満足できる値段ならそれでいいですよね。

f:id:eijixk:20190607103609j:plain

 

 

でも、ニセブランド品を持ち帰ったらダメですよ。著作権どうなってんの?というものがかなりあります。

f:id:eijixk:20190607103842j:plain

ブランドバックを売ってる店の写真は遠慮しました。

 

 グランドバザールは、日祝が定休日で、営業時間は8:30~19:00。入場はもちろん無料です。

f:id:eijixk:20190607110852j:plain

「傾いたキオスク」は迷ったときの目印のひとつです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。