SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

ターキッシュエアラインズ B777-300ER ビジネスクラス イスタンブール✈️ソウル搭乗記

かーる1世です。

イスタンブール新空港からソウル仁川空港までの区間を、ターキッシュエアラインズのビジネスクラスに搭乗しましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:eijixk:20190604132902j:plain

 

機材はボーイングB777-300ER

2019年5月の利用です。

 

目 次

 

 

イスタンブール新空港チェックインカウンター

市内からエアポートバスを利用してイスタンブール新空港へ向かいました。バスは空港ターミナルビル出発階の中央辺りに到着。

f:id:eijixk:20190604133906j:plain

イスタンブール新空港の出発階

 

ターミナルビルの中央の入口から入ると、目の前はビジネスクラスのチェックインカウンターですが、カウンターそのものは仕切りで見えないようになっていました。

 

係員にチケットを確認された後、チェックインカウンターへ。

f:id:eijixk:20190604134625j:plain

 

 

チェックイン手続きを終えて振り返って写真を撮ってみました。ソファーなども置かれたゆったりとした空間です。

しかし、よほどの混雑でなければソファーを使う機会がないですね。

f:id:eijixk:20190604134704j:plain

 

 

そのまま進むとファストトラックレーンで、あっという間の出国です。

f:id:eijixk:20190604135324j:plain

 

 

ボーディング

搭乗するのはTK90便で、イスタンブール発01:20、ソウル着17:15(時差+6時間)でしたが、搭乗も出発も20分程度の遅れとなりました。

f:id:eijixk:20190604142439j:plain

 

ビジネスクラスは2-3-2のアブレスト。

f:id:eijixk:20190604145537j:plain

窓側の2Aと2Bを指定しました。

 

シートピッチは78インチ(約200㎝)幅が22インチ(約56㎝)です。今どきのシートとは違うので前後の間隔が広いため、ビジネスクラスのコンパートメントが広々とした印象です。

f:id:eijixk:20190604143154j:plain

 

 

座席まわり

機材は往路の北京ーイスタンブールと同じB777-300ERです。

f:id:eijixk:20190604145846j:plain

 

往路の搭乗記 

www.sapporo-base.net

 

 

座ってみると、往路便とちょと違う景色。

背もたれやモニター周り、そしてフットレストの形状が違います。

f:id:eijixk:20190604150335j:plain

【左】復路、【右】往路

 

復路便は背もたれが高くなり前席のシートがすっぽり隠れて前の人の頭がみえません。モニターはインチアップで大画面です。

 

モニターが大きくなったためか、間にあったモノ入れが無くなっています。

 

モニターの形状などから、復路便の機材は背もたれ部分とを改修しモニターとそのリモコンを変更したように見えます。

 

後から往路と復路の座席周りを写真で見比べて見たら、シートとシートのリモコンが同じである以外、細かなところで違いがあるようでした。

 

アメニティはポーチがMOLTON BROWN LONDON というイギリスのものになっていました。往路はChristian Lacroixのポーチです。

 

でも中身は往路・復路とも同じだったような?

f:id:eijixk:20190604165309j:plain

 

 

お食事

搭乗後にウェルカムドリンク、その後、食事のメニューが配られます。深夜便でありながら、往路でも経験したようにしっかりとしたディナーが出てきます

f:id:eijixk:20190604170611j:plain

ウェルカムドリンク

 

食事のメニューから前菜、メイン、デザートを選び、さらに朝食カードにもチェックを入れてフライングシェフに渡します。

 

ドリンク類は往路と同じでしたが、料理の内容は変わっていました。

 

残念ながらメニューの写真を撮っておらず、料理の名前が分かりません。前菜とメインがともに3種類から選択(前菜は+スープの2品もok)だったと思います。

 

せっかくなので、最後までトルコワインを飲んでいました。

f:id:eijixk:20190604170756j:plain

 

 

 ディナー

現地時間で夜中の3時ころなので、ぼーっとした中で食べていました。それでも食べ切ったのが不思議ではあります。

f:id:eijixk:20190604171652j:plain

アミューズ

 

妻は前菜にスープを選んでいました。トルコのスープは濃厚で、特にレンズ豆のものは飲むとむせてしまうので(粒が絡んでいるだけかも)、気を付けて飲んで(食べて)いました。

スープは飲み物ではなく食べ物であることを実感です。

 

旅行中は朝夕とも欠かさずスープをいただいていました。

f:id:eijixk:20190604171743j:plain

色味がおかしくなりましたが、トマト系のスープです。

 

私はシーフード系をチョイス。

f:id:eijixk:20190604171843j:plain

前菜

 

妻が選んだメインディッシュはパスタ。前菜に続いてトマト味 (^^♪

f:id:eijixk:20190604172252j:plain

 

 

私も前菜に続いてまたシーフード。白身魚にマッシュポテト。

f:id:eijixk:20190604172411j:plain

 

 

デザートはフルーツの盛り合わせ。

f:id:eijixk:20190604172612j:plain

 

昼行便だったら、前菜2種、メイン、チーズ、デザート2~3種類の選択にしたいところなのですが、東アジア5空港を発着するターキッシュ運航便はすべて深夜のようで残念です。

 

朝食

提供されたのがソウルに着陸する3時間ほど前なので、韓国の時間で15時すぎ。もはや昼食でもないのですが、身体は朝の寝起き状態です。

f:id:eijixk:20190604174045j:plain

 

f:id:eijixk:20190604174218j:plain

 

 

終わりに

フルフラットシートが真価を発揮するのは、今回のような夜行便であり本当にありがたいのですが、映画の1本も見ずに食べて寝るだけではもったいないなぁ、と思うのは貧乏性なのでしょうね。

 

しかし、国際線の長距離便に乗る機会は少ないので、もう少し機内を楽しめられたら良かったと思う復路便でした。

 

仁川でトランジットのため1泊して翌日、新千歳に帰ります。羽田や成田で1泊するなら、こっちのほうが断然良いと感じています。

 

焼肉はあるし、千歳からの入国やその後の動線が短くて楽なんですよね。

f:id:eijixk:20190604180050j:plain

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。