SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

大混乱の乗継カウンター 北京首都国際空港

かーる1世です。

 

トルコ旅行でイスタンブールへ向かうため、北京でターキッシュエアラインズに乗り換えです。

 

しかし、ボーディングパスが日本国内で発券できず、北京空港の乗継カウンターで手続きをする事になっています。

 

北京空港までの記事はこちら

新千歳→成田編

www.sapporo-base.net

 

成田空港編

www.sapporo-base.net

 

成田→北京編
www.sapporo-base.net

 

2019年4月の利用です。

 

北京空港の乗継カウンター

f:id:eijixk:20190509135500j:plain

ANA公式サイトの案内図を加工

降機後、急ぎ足で乗継カウンターへ向かいます。

乗継カウンター、とっても遠かった。

 

乗継カウンター手前でANAの制服を着たGSさんに遭遇。「あの列に並んで手続きしてください」と言われ、見てみるとそれなりの長い列。

「まだ2時間以上あるので大丈夫ですよ」と背中を押されて並びました。

 

しか〜し、

 

30分以上経過してもカウンターの列は全く進みません。誰一人手続きが終わらないのです。

 

タイトルには大混乱と書きましたが、実は皆(ほとんど西アジアの人たち)列を乱さず、冷静に整然と並んでいました。

カウンターに突進しても、何も状況が変わらないことも一因ではありますが。

(怒ったり、呆れたりはしていましたが、大混乱なのは3人いるカウンターの職員でした)

 

カウンターの横には西アジア系のグループがいくつかあって、時おり職員と話をしており、何らかのトラブルが起きていることは分かるのですが。

 

1時間ほど経過して2つのグループがいなくなり、ホッとしたのもつかの間、

 

わらわらとカウンター横に人が集まり、また、職員と揉め出すグループが。

 

列に並んでいるイランやパキスタンの人たちから話(日本語です)を聞くと、

1.遅延や欠航などで足止めをくらった人たちが、宿泊ホテルと入国ビザの交渉をしている。

2.同じ理由で振替便の手続きをしようとしている。

 

のようです。

 

そうこうしているうちに、私のフライトまで1時間を切ってしまいました。

 

この先、「国際線入出国手続き」と「保安検査」の2つの関所が控えており、特に「保安検査」を抜けるのに1時間はかかる、という情報を多くのブログで見ていたので、

 

さすがに焦りました

 

パキスタングループとのやり取りが終わり私の順番。

 

eチケットを見た職員は「こりゃやばい」という表情があらわ。すでに搭乗開始時刻になっていましたから。

 

他にターキッシュに乗る人はいないのか?と聞くので、後ろを振り返って声をかけたら8人ほどの日本人がいらっしゃいました。

 

ここから、職員さんの奮闘がなかなかすごい。

10人ほどのパスポートとeチケットを集め、電話を耳に当てながら、空欄のボーディングパスにすごい勢いで手書きしていく。

 

ちょっとだけ感心しました。

f:id:eijixk:20190510135144j:plain

 

 

ダッシュで検査場へ

職員に「急いで行って!」と急かされるまでもなく、ダッシュで居眠り中の検疫カウンター職員を小突いて突破、①の「国際線入出国手続き」へ。

 

パキスタン人カップルと私たちだけだったので、待つことなく、すんなりボーディングパスにスタンプ押してもらい、エスカレーターを駆け下り③の「保安検査場」へ。

f:id:eijixk:20190512151037j:plain

 

やったぁ♪♪。だ~れもいない。

 

 

ありえないでしょ、その検査

ほとんどの人が引っかかるという噂のx線検査ゲート。先に通過した妻には搭乗ゲートに向かってもらい、私はこれ以上ないというボディチェック。

 

私の後に検査を受けたパキスタン人男性は、大声で職員に罵声を浴びせてる。それが、ペラペラの日本語であり、かつ、ものすごい笑顔なので検査の職員は明らかに困惑の表情。

 

さて、検査装置を通過したはずの荷物、装置の中を行ったり来たりさせている。

私が回数を数え始めてからでも7往復。

 

どうやら新人がマシンの操作練習中。

 

怒怒怒  の後、アキラメ。

 

待ち時間なく検査を始めたのに、10分程度かかりました。

(心理的には30分かかったヨ)

 

トホホ。

 

搭乗ゲートには出発予定時刻寸前に到着するも、搭乗客の長蛇の列。

大雨でボーディングが遅れたのが幸いしました。

 

以上、私の言動を伏せ、感情を殺して書き込んでみました。

 

 

もうイカナイヨ。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。