SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

ANAビジネスクラス A320-200neo 成田✈️北京 搭乗記 

かーる1世です。成田国際空港から北京首都国際空港までの区間を、ANAビジネスクラスで搭乗しましたのでご紹介したいと思います。

機材はエアバスA320-200neo

 

2019年4月の利用です。

f:id:eijixk:20190508150058j:plain

 

 

NH955便

フライトは、成田空港18:20発→北京空港21:20着(時差-1時間)予定で、4時間の飛行です。若干遅れて出発し、荒天の北京空港にも遅れて到着したため、飛行時間は予定通り4時間となりました。

f:id:eijixk:20190508144751j:plain

 

 

座席まわり

シートのディテイル

 この機材の座席数は146席でビジネス8、エコノミー138の2クラス制。新しさを感じる内装です。

 

ビジネスクラスの座席は2-2の並びで2列、シートピッチが50インチ(およそ127㎝)、シート幅は20インチ(およそ51㎝)です。

f:id:eijixk:20190415122654j:plain

 

シートのタイプ

 ANA公式サイトによると、小型機としては、最大クラスの電動リクライニングシートとのこと。

f:id:eijixk:20190508145516j:plain

 

 

f:id:eijixk:20190508150602j:plain

たぶん最大角度で倒していると思います。

 

足元の写真です。狭そうに見えますがそんなに窮屈ではありませんでした。

f:id:eijixk:20190509122300j:plain

 

 

f:id:eijixk:20190508145842j:plain


 

シートコントロールパネル

f:id:eijixk:20190508150158j:plain

 

 

テーブルは大型のもののほか、引き出して使えるサイドテーブルもあります(使いませんでしたが)。

f:id:eijixk:20190508150700j:plain

 

 

IFE

モニターは引き出すタイプで12インチ。大型機材のものと比べると小さめではありますが、すぐ手元にモニターがくるので、ちょうど良いサイズに感じました。

f:id:eijixk:20190508150842j:plain

画像がきれいに映ります。

 

ヘッドフォンはパナソニック製。

f:id:eijixk:20190509112424j:plain

 

 飲み物

ワインは泡1、白1、赤1。そのほかの飲み物は、日本酒や焼酎などと、ハードリカー、ソフトドリンク各種。

こちらのシャンパン、「シャンパーニュ・デュヴァル・ルロワ・ブリュット・レゼルブ」だけを頂きました。

f:id:eijixk:20190509113020j:plain

あとで検索してみると、市販価格が5千円くらいするんですね。道理で美味しいと思った。

家では安い泡ばかりなので、好きなだけ飲めるのはありがたいことです。

 

 

お食事タイム

和食・洋食の2つの選択肢です。夫婦でそれぞれを選びました。

 

和食

f:id:eijixk:20190509122536j:plain

 

 

f:id:eijixk:20190509123007j:plain

前菜

うるいごま浸し、小鯛八幡巻き・海老・セロリ串うち、そら豆塩ゆで、青海苔出汁巻き玉子

小鉢

ジュンサイ・豆乳麺の旨出汁

 

 

f:id:eijixk:20190509124613j:plain

 

主菜

和牛バラ肉赤ワイン煮込み、俵ごはん

味噌汁

和菓子

かんざし

 

 洋食 

f:id:eijixk:20190509125609j:plain

 

f:id:eijixk:20190509125816j:plain

アペタイザー

ハーブチキンとXOジャン風味のポテトサラダ、真鯛のマリネとスモーク帆立のみかんソース

 

f:id:eijixk:20190509130029j:plain

メインディッシュ

愛媛県産真鯛のソテーのクリームオニオンソース、麦のスパイシーなリゾットと菜の花添え

ブレッド

カンパーニュ

デザート

ピエール・エルメのデセール

 

美味しい料理でした。

(改めて文字にしてみると美味しさが増してくるような気がします)

 

北京首都国際空港到着

思い出したくない記憶ですが、次回、記事をUPしたいと思います。

 

しかし、写真がない・・・。