SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

クアラルンプール国際空港のエアポートホテル サマサマホテル宿泊記

クアラルンプールから日本へ帰る飛行機が朝の便だったため、エアポートホテルの位置づけである、サマサマホテルに宿泊しましたのでご紹介したいと思います。

2019年3月の利用です。

f:id:eijixk:20190403145342j:plain

ロビーホールがゴージャスです

 

ホテルのロケーション

クアラルンプール国際空港に屋根付きの通路でつながっており、天気に左右されずに空港とホテルの間を行き来できます。

電動カートで送り迎えしてくれるので、空港のカート乗降場所からホテルまで1分ほど。歩いても5分くらいの距離にあります。

 

空港から電動カートでゴー!

 空港到着フロアの下の階(FOOD GARDEN という名のフードコート)と同じフロアに、サマサマホテルへ行き来する電動カートの乗降場があります。

f:id:eijixk:20190403155448j:plain

空港の下層階にあるフードコート

 

電動カートが止まっていたら乗り込んでOKだと思います。

見当たらなければインターホンで呼んで下さい。時間帯によっては行き来するカートが増えますので、少し待っていれば来るかもしれません。

f:id:eijixk:20190403155949j:plain

呼び出しインターホンは駐車場へ向かう側の壁にありました

 

電動カートは4人乗り。スーツケース用の荷台もついています。

f:id:eijixk:20190403160239j:plain

空港ーホテル間を何度か利用させてもらいました。

 

部屋のようす

まさにエアポートホテル、といった部屋の造りであると思います。

ツインのベッドはシングルサイズ。スーツケース2個をギリギリ広げられる広さがありました。

f:id:eijixk:20190404094557j:plain

 

空港側に近いレベル4のフロアの部屋でしたが、景色は特にありません。外部の音はまったく聞こえませんが、廊下からの音はけっこう聞こえてきました。カーテン類は電動式の稼働。

 

 

f:id:eijixk:20190404095138j:plain

バスルームにあるアメニティは最低限のものが揃っています。

バスタブと独立したシャワーブースがありました。

f:id:eijixk:20190404095537j:plain

 

 

クローゼットは余裕の広さがありバスローブとスリッパが入っていました。アイロンがけもできます。

f:id:eijixk:20190404095950j:plain

 

 

 ミネラルウォーターは2本用意されていました。ポットと無料のコーヒー・紅茶もあります。

f:id:eijixk:20190404100518j:plain

 

 

ミニ冷蔵庫。マレーシア全般に言えることですがビール(お酒)が高い。冷蔵庫のビールとロビーラウンジで飲むビールの値段が同じだったような・・・。ラウンジだとつまみのお菓子が付いてきます。

f:id:eijixk:20190404100937j:plain

 

 

その他のホテル設備

屋外プール&バーがあり、かなり賑わっていました。

f:id:eijixk:20190404101547j:plain

 

 

コンビニがありますが、お土産とソフトドリンク程度の品揃え

f:id:eijixk:20190404101659j:plain

 

レストランが2つあります。一つは高級レストラン、もう一つは朝食会場を兼ねたレストランで、「居酒屋」と書かれた提灯がぶら下がっていました。

ロビーラウンジのソファからでもいろいろ注文できました。庭の景色がなかなかです。

f:id:eijixk:20190404102139j:plain

ロビーラウンジからの景色



終わりに

夕食はホテルのレストランをパスして空港(KLIA)を探索し、フードコートで食事をすませました。お手頃の価格です。

f:id:eijixk:20190404102505j:plain

 

f:id:eijixk:20190404102527j:plain

 

f:id:eijixk:20190404102716j:plain

 

困ったのは、ビールがどこにも売ってないこと。フードコートはもちろん、制限エリア外のショップやレストランをくまなく探しましたが、見つけることはできませんでした。

KLIA2には制限エリア外にもショップが充実しており、おなじみのコンビニもあるようなので、次の機会には無料巡回バスを使って行ってみたいと思います。