SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

アエロフロート・ロシア航空 ローマとモスクワ間 ビジネスクラス搭乗記

かーる1世です。

アエロフロート・ロシア航空のビジネスクラスで、モスクワとローマの間を往復しましたのでレポートしたいと思います。

f:id:eijixk:20181213154909j:plain

 

 

モスクワからローマへ

モスクワ・シェレメーチェボからの出発はターミナルDでした。日本からの到着便も同じターミナルDなので、移動に時間はとられません。

f:id:eijixk:20181213124245j:plain

 

搭乗する機材は沖止めであり、ビジネスクラス優先搭乗でゲートを通過しシャトルバスに乗り込みました。

しかし、すぐに出発するのかと思いきや、満員になるまで雪の降る中、車内で待機です。優先搭乗の意味がなく、とても寒い思いをしました。

f:id:eijixk:20181213124451j:plain

 

機材はエアバスA-320。ビジネスクラスは8席、エコノミークラスが150席の計158席の機材です。

f:id:eijixk:20181213124518j:plain

 

ビジネスクラスには、私たち夫婦の他に2名の乗客がいました。

座席は横2-2の配置、縦に2列でこじんまりとした空間です。

 

座席の前後は足を組める程度の広さ(38インチ)ですが、4時間程度のフライトなので十分な広さと感じました。

f:id:eijixk:20181213124943j:plain

 

座席にはモニターが設置されておらず、IFEは配られるタブレットを使用します。利用するつもりがなっかたので断りましたが。

 

機内サービスの飲食は長距離とほぼ変わらない印象です。夜の便なので、サービスされるのはディナー。前菜2種、メイン3種の中から1つを選びます。

f:id:eijixk:20181213125618j:plain

 

 

まずはアペタイザーのナッツ類と飲み物。飲み物のメニューは長距離線と同じものでしたが、メニューのカクテルを作ってくれるのかは分かりません。

f:id:eijixk:20181213125805j:plain

 

 

前菜で選んだのはターキー。

f:id:eijixk:20181213130127j:plain

 

 

 メインはサーモンのローストを選びました。

f:id:eijixk:20181213130435j:plain

 

 

もちろんデザートつきです。ワインは少し飲むとすかさず注いでくれるで、飲みすぎです。飛行機を降りたらホテルで寝るだけなので良いですが。

f:id:eijixk:20181213130633j:plain

 

 

ローマからモスクワへ

ローマ・フィウミチーノ空港

復路の便なので、ローマ・フィウミチーノ空港でチェックインです。

f:id:eijixk:20181213131540j:plain

 

 

空港内は中国と思われる方々でいっぱいでした。

特に、VAT REFUNDはカオスです。

f:id:eijixk:20181213131329j:plain

 

 

チェックイン後は出国手続きへ。アエロフロートもファスト・トラックを利用できます。

f:id:eijixk:20181213131839j:plain

 

 

 さすがローマ空港。外にはアリタリア航空の機材がいっぱいです。

f:id:eijixk:20181213135301j:plain

 

SU2419便

12:05発のモスクワ行です。ボーディングブリッジを使って機内へ。

f:id:eijixk:20181213132208j:plain

 

 

機材はボーイングB737-800。ビジネスクラスが20席、エコノミークラスが138席で、計158席の機材。往路のエアバスと大きさはほぼ同じ座席数ですが、ビジネスクラスの座席数が多くなっています。

f:id:eijixk:20181213132646j:plain

 

 

f:id:eijixk:20181213132910j:plain

 

 

シートはこのような感じ(ピンボケですいません)。ピッチは38インチで、往路のA320と同じ仕様です。往路と違うのは、モニターが付いていること。IFEは長距離線であるモスクワー成田と全く同じでした。

f:id:eijixk:20181213132940j:plain

 

 

f:id:eijixk:20181213133141j:plain

 

このビジネスクラスのコンパートメントは、私たち夫婦だけの貸切でした。

 

食事など

ランチサービスになります。前菜2種、メイン3種の中からの選択です。飲み物は長距離路線と全く同じメニューブックが配られました。f:id:eijixk:20181213134914j:plain

 

 

シャンパンのあとは、シャルドネ。

f:id:eijixk:20181213135847j:plain

 

 

前菜で選んだのはトラウト(マス系)。

f:id:eijixk:20181213135633j:plain

 

 

次のワインはトスカーナの赤ワイン。この後、ひたすらこのワインを注がれ、いつまにか私のためにあけたボトルがカラになる寸前。

f:id:eijixk:20181213140044j:plain

 

 

メインはコッド(タラ)にキヌア添え。両方とも魚にしました。タラはおいしく頂きましたが、キヌアはほとんど残しました。

f:id:eijixk:20181213135830j:plain

 

 

もうお酒、飲めません。炭酸水をもらいました。

f:id:eijixk:20181213140257j:plain

 

アメニティ

往復とも同じポーチです。成田ーモスクワの長距離路線のものと比べると、少しだけ中味が少ないものでした。

f:id:eijixk:20181214205447j:plain

 

アエロフロートのCAさん、ホントにホスピタリティが高いです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。