SAPPOROベースでマイレージ旅行

海外と国内の個人旅行を中心に、航空機、マイル、ホテルのことを書いています

ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート  宿泊レポート

北海道の洞爺湖温泉にある「乃の風」リゾートに宿泊したときのレビューです。利用したのは2018年4月です。

 北海道ふっこう割を利用される方のご参考になれば、と思います。

 

洞爺湖温泉

札幌から車で2時間程度の場所で、洞爺湖の南側にホテル・旅館や土産物店などの温泉街があります。

サミットの会場になったウィンザーホテルは、洞爺湖から離れた山の上に立地していますが、ほとんどの宿泊施設は湖畔に面しています。

 遊覧船に乗ったり、近場の有珠山の火口をのぞいたりと、観光も楽しめる温泉地です。

 

 ザ・レイクビューTOYA 乃の風リゾート

経営する野口観光グループは北海道を中心に、多くのホテルや旅館を経営しており、北海道でテレビを見ていると、CMを見ない日はない、というくらい流れています。

 

その中で、乃の風リゾートは上級クラスの温泉ホテルで、「風」シリーズのホテルが他にも2つあるようです。

f:id:eijixk:20181024094049p:plain f:id:eijixk:20181024094107p:plain

野口観光のサイトから拝借しました

 エントランスから印象的なアプローチを抜けると、上の写真のように、おしゃれなロビーエリアと洞爺湖を一望できる大きなガラス窓があります。

ロビーエリアは、ゆったりとした空間に落ち着いた家具が配置されていて、ここに泊ることの期待感を高めてくれました。

 

 大浴場

このホテルは、「スパリゾート館」と「乃の風倶楽部」の2つの建物からなっており、ロビーなどの下層階で両者がつながっています。

大浴場は、趣の違う施設がそれぞれの建物にありますが、宿泊者はどちらも自由に利用することができます。

f:id:eijixk:20181024111905p:plain

 

スパリゾート館には最上階に眺めのよい大浴場があり、いくつもの浴槽で楽しむことができます。また、ここから階段を使って屋上に出ると、露天風呂がありました。ここは解放感が半端なく、洞爺湖を一望できる、「天空」と名前に恥じないお風呂でした。

 

もう一つの大浴場は、「昭和の湯」という名前で、文字通り昭和の銭湯を再現した造りになっていて、懐かしい雰囲気を味わうことができます。

f:id:eijixk:20181024121803p:plain   f:id:eijixk:20181024122209j:plain

懐かしい銭湯の絵(HPより)、ビン牛乳の自販機

 

 スパリゾート館の客室

 私が泊ったのは眺望のよい上のフロアでした。ツインベッドの部屋で、床まである窓から洞爺湖が眺められました(全室レイクビューだそうです)。

f:id:eijixk:20181024123228j:plain

f:id:eijixk:20181024123535j:plain

 

洞爺湖では1年のうち長い期間にわたって花火大会を毎日おこなっています。私が宿泊したときは時期が早く、花火はやっていませんでしたが、どの部屋からも花火を観られるのはいいですね。

 

食事も楽しみです

大きなレストランは2つあり、1つはブッフェレストラン、もう一方は和風フレンチレストランになっていました。

プランを選択したうえで宿泊の予約をしなけらばならないのだと思いますが、私は和風フレンチを選んでいました。

f:id:eijixk:20181024124622j:plain

1階のブッフェレストランを見おろす場所にありました

 

f:id:eijixk:20181024124746j:plain f:id:eijixk:20181024124827j:plain

f:id:eijixk:20181024124921j:plain f:id:eijixk:20181024124949j:plain

コースは食前酒から始まりスープ、魚、肉、食後の飲み物まで、メニューを見返してみると11項目ありました。浴衣を着て、箸で食べるフレンチ、一皿ずつ楽しみながら美味しくいただきました。

 

また、和食フレンチコースの夕食プランの場合、朝食はブッフェレストランかこちらのフレンチレストランのどちらか選べるということで、翌日の朝食もここでいただきました。

 

f:id:eijixk:20181024125949j:plain

朝食のメニューです

 

 

北海道旅行の宿選びの参考になれば幸いです。 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 【じゃらん】 北海道のホテル・宿の予約